歯の豆知識ブログ

2018.05.28更新

 

 

生まれて来た赤ちゃんにむし歯があるときは、口の中にあるむし歯菌が感染するからであり、歯が生えるとむし歯に感染しやすくなります。

むし歯菌は、特に1歳7ヵ月~2歳3ヵ月の時期に集中的に感染しやすくなり、細菌バランスは、三3歳くらいまでに決まってきます。

この時期までにむし歯にならないように防いでいけば、むし歯になるリスクは、少なくなっていきます。

 

むし歯菌感染の原因になるのは、家族でもあり、特にお母さんが注意することが大切になってきます。

 

お母さんの口の中の状況が重要です。

その為には、口から虫歯菌を退治しなければいけませんが、すでにむし歯や歯周病がある場合、急に口内環境をよくすることは

できません。

 

どうすればよいか?

 

自分の歯の状態を知って、むし歯や歯周病がある場合、お母さんになる前には、きちんと治して定期的に歯医者へ通われることが

必要です。

 

妊娠をすると歯茎が悪くなる?

妊娠すると、ホルモンバランスや唾液の量が変化し、歯茎に炎症を起こしやすくなります。

口の中を綺麗にしていれば、歯肉炎は防ぐことができます。

 

煙草を禁煙しましょう

 

家族の禁煙の影響は、お腹の中にいる赤ちゃんにも影響します。

・煙草の煙が口の中に入ると、唾液の分泌が低下して口が乾きやすくなる

・むし歯のリスクが高まる

・歯茎の血流が悪くなり、リスクが高まる

家族みんなで意識していきましょう。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • みらいキッズランドホームページみらいキッズランドホームページ
  • 求人ページ求人ページ