歯の豆知識ブログ

2018.06.18更新

むし歯はむし歯菌糖分歯質が重なった状態のまま時間が経過することで「むし歯」が出来ます。

  

むし歯予防で大切なことは

①おやつの摂り方

 こどもの歯は大人の歯と比べるとエナメル質が薄く虫歯に対する抵抗力も弱いため進行が早いです。

 そのため歯磨きやおやつ、甘い飲み物の摂り方には十分気を付ける必要があります。

 規則正しい習慣を身につけてジュースもおやつの一つである。 という事を認識して頂きたいです。

 

②むし歯菌の感染

 感染は歯が生えてくる生後6か月頃から始まります。

 むし歯原因菌が定着しやすい時期は1歳半から2歳半なので、この時期は特に注意が必要です。

 むし歯菌を移させないポイントは

 ☆妊娠中からお母さんのお口の中を清潔にする。

 ☆子供の周りにいる人たちの歯の治療をしっかり行う。

 ☆子供の周りにいる人たちのお口の中を清潔にする。

 

③歯磨き

 仕上げ磨きは保護者の膝の上にゴロンと寝かせて磨きましょう。

 そして仕上げ磨き用と子ども用の歯ブラシは2本用意しておくと良いでしょう。

 子供に保護者の歯を磨かせたり、仕上げ磨き中に鏡を持たせて ’今なにをしているか?’という事を見ることも大事だと思います。

 また仕上げ磨きの時間が嫌な時間にならないコツは保護者の顔です!

 こどもはゴロンと寝て保護者の顔を見ています。歯磨きに一生懸命になり過ぎて難しい顔にならないよう注意しましょう。

 

④フッ素物の利用と定期健診

 生えたての歯は未熟です。

 この時期にフッ素物を利用すると歯の質を強くしたり口の中の環境を改善する2つの働きがあるため、むし歯予防に効果的です。

 定期的に歯科医院でむし歯のチェックや高濃度フッ素を塗布すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約