歯の豆知識ブログ

2019.06.24更新

雨の日が続く梅雨。

気圧が下がり、更に湿度も高くじめじめとした季節です。

この時期は、なにかと不調が起こりやすい時期でもあります。

なかでも、雨の日は歯が痛むということはありませんか?

それは気圧の急な変化により、歯の内部、神経に圧力がかかることで起こる痛みです。

これは気圧性歯痛といって、健康な歯ではほとんど起こりません。

むし歯や治療途中の歯など、歯になにかしらの異常がある場合に起こりやすくなります。

もし、普段はなんともないのに雨の日だけ痛む、という方は歯科を受診することをお勧めします。

つゆのは 

気圧の変化による不調ともう一つ、湿気による不調もあります。

梅雨の主な不調としては、食欲不振、体のだるさ、むくみ。

下痢や頭痛、うつ病なども。

また、歯周病が悪化しやすい時期でもあります。

梅雨は長雨により湿度が高い時期です。

人間の体にはたくさんの水分があります。健康のために欠かせないものですが、必要以上の水分は体に対し悪影響を及ぼします。

空気中の水も、体内の水分を増やす要因の一つです。

湿度が高くなると、体に取り込まれる水分も増えます。

取り込まれた水分は体内で調節されますが、それが上手くいかないと体調不良の原因となります。

また、梅雨は雨が続くことにより体内の水分が発散しにくくなります。

それが免疫力を低下させ、体調不良を起こしやすい状態にしてしまいます。

なかでも、胃腸が弱い方や、汗かきの方などは症状が悪化しやすいとされています。

 

そんな梅雨の不調、食べ物から対策をとるのも一つの手です。

主に黒豆などの豆類きゅうりなどの昆布、ワカメなどの海藻

これらは体の水分を外に出す働きを助ける食べ物です。

日頃この時期は特に体調不良に悩まされるという方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

最後に、梅雨は食中毒が起きやすい時期でもあります。

清潔を保つために手洗いは念入りに。また、食材は早めの消化を心がけましょう。

じめじめとした梅雨を乗り切り、夏に備えましょう!

 なつ

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • みらいキッズランドホームページみらいキッズランドホームページ
  • 求人ページ求人ページ
  • みらいキッズガーデンみらいキッズガーデン