歯の豆知識ブログ

2020.02.01更新

クッキーやビスケットなどを食べる時に、一緒に飲み物がないと食べにくい・・・そう感じたことはありませんか?

また、飲み物がないと飲み込みづらかったり、パサパサとした物が食べづらく感じたり。

それは、唾液不足が原因かもしれません。

唾液は、口の中を潤すだけでなく、様々な役割を果たしています。

唾液の主な働きとしては、

口の中を清潔に保つ抗菌作用、自浄作用。

唾液に含まれる消化酵素による消化作用。

口内粘膜を保護し傷を治す保護作用

酸によって溶けた歯を修復する再石灰化など、歯をむし歯から守っているのも唾液です。

唾液は年齢と共に分泌量が減り、口の中が乾燥した状態はドライマウス(口腔乾燥症)と呼ばれています。

〈唾液が不足すると起こること〉

・むし歯ができやすくなる

・歯周病になりやすくなる

・口内炎ができやすくなる

・口臭が強くなる

・入れ歯が合いにくくなる

・食べ物が飲み込みにくくなる

・味を感じにくくなる等

口の乾燥は様々なトラブルの原因となります。

 ばいきん

〈なぜ味を感じにくくなるのか〉

唾液の分泌量低下は味覚の低下に繋がります。

これは、味を感知する味蕾と唾液に深いつながりがある為です。

「味」は、噛むことで唾液と混ざった「味を持つ物質」を味蕾で感知し、それが脳に伝わることで感じることが出来ます。

唾液は、この味物質を溶かし味蕾に運ぶ役割を持っています。

味蕾は約一ヶ月ほどの周期で新しい細胞に生まれ変わっています。

また、その再生には亜鉛が必要とされています。

唾液中の成分には、味蕾を保護し再生を促す効果があります。

その為、唾液が減るとそれにより味蕾もまた減ってしまい、味を感じにくくなってしまうのです。

 

もうすぐバレンタインですね。甘いものを食べた後は歯磨きをお忘れなく。

バレンタイン

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • 大人と子どもの歯並びサイト大人と子どもの歯並びサイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • みらいキッズランドホームページみらいキッズランドホームページ
  • 求人ページ求人ページ
  • みらいキッズガーデンみらいキッズガーデン