歯の豆知識ブログ

2019.03.11更新

前回、甘味の温度による変化を紹介しました。今回は、塩味や苦みについてです。

塩味や苦みは、温度が低くなるほど強く、高くなると弱く感じるようになります。

普段口にする機会の多い味噌汁も、温かいと美味しく感じますが冷めると塩辛さが目立ってしまいます。

コーヒーをアイスで飲むと苦みが強く感じるのもそのためです。

逆に、ホットでは苦みが抑えられます。普段、苦みが気になる方はホットで飲むことをお勧めします

また、苦味が嫌で砂糖をつい入れてしまう・・・という方は、子供のおやつはスティックシュガー3本まで、ということを頭の片隅にでも入れておくといいかもしれません。

アイスコーヒーは苦味が強いため、ついつい砂糖やミルクを多く入れてしまいがちです。ホットで飲めば、余分な砂糖を摂る量を減らせます。

甘いものと一緒にコーヒー、という組み合わせもよく見かけますが、コーヒーにも砂糖を入れ過ぎてしまうと砂糖のとり過ぎに繋がります。

温度による味の変化、知っておくとより料理を美味しく味わうことが出来ると思います。

コーヒー 

また、食事中に飲み物を摂ることが多い方は少し注意が必要です。

特に、お子さんの場合は噛まずにお茶などで流し込みしている可能性があります。

食事中は、なるべく飲み物を控えることがベストです。

水分がなければ、飲み込むことが困難では?というのは確かですが、わざわざ水などの水分を取らずとも大丈夫です。

飲み込むには、食事の水分と唾液で十分だからです。

保育園では、食事中にお茶などを置かず食べる前に飲んでいます。これは流し飲みを防ぐためです。

小さいお子様の場合は食卓に極力飲み物を置かない。これだけでも、流し飲みや丸呑みを防ぎやすくなります。

ご飯に汁物の場合は、汁物は最後に飲むことがお勧めです。飲み物に限らず、汁物の水分も人によっては流し飲みに繋がります。

最後に、唾液の分泌にはよく噛むことが大切です。よく噛んで、食事の前後に水分をしっかり摂りましょう。

ご飯

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2019.03.01更新

3月になり暖かい日が続くようになりました。

寒さからこもりがちだった方も、外へ足を延ばしやすい気候になってきたかと思います。

春は、過ごしやすい分暖かさから気が緩みがちになる時期でもあります。

また、ついだらだらとお菓子を食べて過ごしたり、冷たい飲み物を飲む頻度が増えていたり。

寒い時と比べ、暖かくなると冷たいものを口にすることがどうしても増えてくると思います。

特に口にすることが多いと思われる、ジュースなどの清涼飲料水。

ジュースには甘さのためたくさんの砂糖が含まれていますが、そこには飲む時の温度が関係しています。

食べ物の味は、温度によって感じ方が変わります。

甘さは37℃辺りが最も強く感じられます。冷やしたままの果物より、室温の果物の方が甘く感じるのはそのためです。

逆に、温度が下がるほど甘さは感じにくくなります。

ですから、冷やして飲むことが多いジュースは冷たくても甘く感じるように砂糖をたくさん使っています。

ジュースの甘さは、適切な温度の甘さよりずっと濃いものです。

冷やさずに飲んでみると、その甘さに驚くかもしれません。

    じゅーす 

また、冷たいものを摂り過ぎると、胃腸への負担が増え、消化を悪くしてしまいます

だからこそ、冷たい飲み物は飲み過ぎないことを気にかけておきましょう。

食べ物にはそれぞれ適温があります。知っておくと、更に美味しく味わうことが出来ます。

塩味や苦みも、温度により味わいが変わります。

温かくするか冷たくするか、どちらがよりおいしく感じられるでしょうか?

次回解説したいと思います。

投稿者: 医療法人敬天会

2019.02.15更新

甘いものは歯によくない、その認識は年々広まり強くなっているように思います。

ただし、全く甘いお菓子を口にしない、というのも甘いものが好きな方やお子さんには難しいかと思います。

むし歯のリスクが大きいのは、間食で砂糖を撮ること。つまりはおやつです。

むし歯予防の観点からは、甘いもの(砂糖)は食事か食後、食事の時に一緒に食べることがよいとされています。

リスクの高まる間食、おやつには「代用糖」を使った食品がお勧めです。

例えば、キシリトールのガムやキャンディーなど。

普段、ハイチュウなどのガムを食べている場合は是非キシリトールに変えてみることをお勧めします。

ですが、普段のお菓子を全てキシリトールに変えようとするとなかなか難しく、うまくいかないこともあると思います。

また、代用糖、ということから砂糖より甘くないのでは・・・といった声も時々あります。

特に、子供たちの間ではそんな認識もちらほらと。まずは、食べてもらうところからです。

最初は、おやつのお菓子の一つをキシリトールに変えてみるなど、少しずつ進めてみてはどうでしょうか。

おやつに上手くキシリトールを組み込んで、むし歯のリスクを減らしましょう!

     ガム

 キシリトールは砂糖と同じ甘さ低カロリーです。代謝にインスリンが不要、という点からダイエットや栄養管理にも使われています。

またむし歯の原因である酸を抑制し、歯の石灰化を促進します。

これによりむし歯自体のリスクが下がり、歯が丈夫になります。歯の予防にはとても効果的です。

ガムは、唾液の分泌を促進し、口内の酸を中和するため、酸性の口内環境の改善に役立ちます。

ただし、うまくガムが噛めない子や2歳まではタブレットがお勧めです。

ガムは慣れない子は飲み込んでしまう危険があります。

タブレットは舐めて溶かすことが出来れば大丈夫です。

キシリトールがなるべく長く口の中にあると効果的なので、がりがりとかみ砕かないようにしましょう。

1日3回、これを3か月続けてみてください。

歯磨き前後どちらでもいいので、習慣化させることで予防の効果は高まります。

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2019.02.08更新

 前回は唾液の分泌や自律神経による、気分との関係について書きましたが、今回は唾液の主な働きについて紹介しようと思います。

 唾液には消化、溶解、潤滑、自浄、粘膜保護、抗菌、緩衝、再石灰化などの作用があります。

 消化作用は唾液中の酵素、アミラーゼがでんぷんを糖に分解します。この働きで栄養を吸収しやすくし、胃の負担を減らしています。

 また、唾液には中和作用があり唾液の緩衝能と呼ばれます。口腔内の酸を中和させ、脱灰を抑制します。

 これとエナメル質を補修する再石灰化作用とで、歯を守っています。

 特に、再石灰化は常に行われてるので、実はフッ素よりも長い時間歯を守っているのは唾液と言っても過言ではありません。

 唾液は口の健康にとって欠かせない存在であり、唾液の量が減るとその分むし歯や歯周病などの口腔内の病気にかかりやすくなってしまいます。

 様々な効果を持ち口の中の健康維持に働く唾液は、同時に口の中の健康状態を表すデータでもあります。

 例えば唾液に含まれるアンモニアの数。口腔内の細菌が多いと増加し、口臭の原因になります。

 更に酸性度。これが高い場合、口の中が酸性になっており、エナメル質が脱灰しやすい、つまりむし歯になりやすい環境ということが分かります。

 むし歯菌(ミュータンス菌)の数。これは歯垢の着きやすさを表します。

 また、白血球やタンパク質は歯肉の炎症や細菌の数が多いと増加するため、歯周病や歯肉の健康度が分かります。

 唾液検査は、見た目では分からない口の中の健康状態をチェックすることが出来るものです。

 唾液はストレスや体調の影響を受けるため、普段の生活を振り返りセルフケアを考える参考になります。

 唾液検査はみらい歯科でも行っています。

 さらに、開院10周年記念のキャンペーンを実施しており、3月中まで料金が通常の半額の1620円となっております。

 よろしければ、この機会にぜひ唾液を調べてみてはいかがでしょうか。

 歯

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2019.02.02更新

食べ物を口に入れると自然と出てくる唾液。唾液にはたくさんの働きがあり、口の中の健康を保っています。

唾液は常に分泌されていますが、食事中の唾液と常に出ている唾液は実は種類が違います。

食事中の唾液は刺激唾液(反射唾液)といい、反射による分泌です。

食べ物からの刺激、味覚、顎の運動によるもので、口に含んだものが舌や粘膜を刺激し、それが脳に伝わることで分泌されます。

また、脳への刺激は香りという嗅覚の刺激、おいしそう、と感じる視覚刺激もあります。

ですから、テレビを見ながらの食事は実はよくありません。料理からの視覚情報が低下するため、唾液の分泌量が落ちてしまいます。

眼を閉じ鼻をふさいで食べると味が分からず美味しくない、というのもこれが原因です。

気分で変わる唾液

常に分泌されている唾液は安静時唾液(固有唾液)といいます。

また、この固有唾液は自律神経の影響で性質が変化します。つまり気分は唾液に影響します。

例えば、不安やイライラといった緊張状態の唾液はねばねばとしていて、分泌量は少なくなります。

反対に、リラックスして落ち着いた状態の唾液はさらさらとしていて、分泌量は多くなります。

ストレスは口の中にも影響を及ぼす、といったところでしょうか。

atamakakaerufutonndeneru

最後に、唾液は寝ている間は分泌量が減少してしまいます。

つまり、睡眠中は一番むし歯になりやすい時間です。

寝る前の歯磨きはぜひ念入りに行いましょう!

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2019.01.26更新

 1月も残りわずか、冬にしては暖かく感じた今年ですが、寒さもこれからが本番といったところでしょうか。

 2月といえば節分ですが、最近は節分に恵方巻を食べる方が増えているとか。

 今回はその恵方巻について軽く書こうと思います。

恵方巻

 恵方巻は節分の夜に恵方に向かって願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじりします。

 おしゃべりせず、一気に食べきると願い事が叶うとされているそうです。

 なんでも、おしゃべりすると運が逃げてしまうとか・・・。

 恵方巻の具は7種類、これは七福神に因んだもので福を巻き込むと言われています。

 かんぴょう、きゅうり、伊達巻、うなぎ、桜でんぶ、しいたけ、などなど。

 ちなみに、噛むことで分泌される唾液は、歯ごたえのある食品を使うことが効果的です。

 恵方巻の具、折角なら歯にとって運動になる食材を選んでみてはいかかでしょうか。

 かんぴょうは低カロリーで食物繊維に富むので最適です。

 また、しいたけきゅうり、その他ではにんじんレタスなどもお勧めです。

 大きく口を開けて食べることも口の運動になりますし、かぶりつくことで自分の一口の量を覚えることが出来ます。

 ただし、注意点もあります。

 それは、口いっぱいに頬張らないことです。頬張り過ぎると顎を動かせない為満足に噛むことが出来ず丸のみに繋がってしまいます

 よく噛むコツは、顎を上下左右、全体に動かすことです。

 ですから、口に含む量には注意が必要です。

 ちなみに恵方とは歳徳神というその年の報徳を司る神様がいる方角です。

 最後に、今年の方角は東北東です。

 恵方巻きはぜひ長いまま、ゆっくり噛んで食べましょう! 

投稿者: 医療法人敬天会

2019.01.21更新

前回の保存のための味の濃さについて、という内容を今回は少し掘り下げようと思います。

まず、食品の保存は劣化を遅らせることです。

具体的には、温度を下げる、水分を除く、酸素をなくす、酸性度を上げる、などがあげられます。

この中の水分を除く、ということに効果的なのがです

食品が含む水分を水分活性といい、これが多いと微生物が繁殖しやすく腐敗しやすくなります。

食品を腐らせる原因である微生物は水がなければ生きられません。

塩を添加することで、浸透作用により食品の水分が塩へ流れ出て脱水し、微生物の繁殖を抑えることが出来るのです。

塩分濃度が高いほど、防腐効果も高くなりますですが、最近は健康志向により減塩のものが増えています。

塩分も摂り過ぎは体に悪影響です。しかし、減塩するとその分、食品の保存期間は短くなってしまいます。

例えば、身近な梅干しはもとは腐らない食物として知られていました。

ですが、スーパーでよく売られている梅干しは消費期限が書かれ、長期的な保存食のイメージはやや薄い。

これは、今の梅干しは食べやすさや健康志向から減塩傾向にあり、塩分濃度が8%程度しかないためです。

それに対し、昔の梅干しは20%程度という塩分濃度の高さで作られていました。ここまで高いものは、100年前のものでも食べられるとか。

              

梅干し

食品の腐敗菌は塩分濃度20%を超えると死滅すると言われています

それを踏まえると、昔からの梅干しは保存食として理にかなっています。

ご家庭で梅干しを作られるときは塩分濃度20%程度を目安にされると長期の保存にも向くのでお勧めです。

長く日持ちするものであれば、食べ過ぎにも注意しやすいと思います。

最後に、梅干しには唾液分泌効果があります。次回はそこを掘り下げたいと思います。

投稿者: 医療法人敬天会

2019.01.14更新

 食物は時間がたてば腐るもの。料理は腐る前に食べるのが原則です。

 美味しい食事は日々の楽しみだと思うこの頃ですが、美味しいものは私たち人間だけでなく細菌やカビなどの微生物にとっても“美味しい”ものなんです。

 美味しいものは作りたての一瞬が命です。

 現代では安くて美味しいものをいつでも食べられるという利便性を求め、長く保存するための工業添加物を含む食品で溢れるようになりました。

 ですが本来、食品は腐るものです。腐るはずの食品が腐らない、添加物によるその不自然さに不安を覚える人たちが安心を求める。それにより手作りへの注目が集まっているのです。

 無添加無着色の丹精込めた手料理。ただし、手料理には気を付ける点がいくつかあります。気にせずにいると、思わぬ落とし穴に・・・?

 注意点は味付けを濃くしすぎないこと、食べ過ぎないこと、バランスを大事に、です。

 濃い味に理由があるものもあります。例えば、お正月に皆さん口にされたであろうおせち料理。

 

           おせち

 最近はその味の濃さから、「苦手」という声も多く、段々と薄味のものも増えているそうです。

 そもそも、おせちは普段家事に追われる女性がせめて正月三が日は家事をしなくていいように、と作る保存食です。

 三日間食べ続けるため、日持ちするように、そして冷めても美味しいようにと砂糖や塩で濃い味付けがされています。

 冷めても美味しいように、というのはお弁当などにも言えるかと思います。

 食品の痛みを防ぐ方法として、塩は昔から利用されています。腐敗の原因ともいえる微生物は水分がなければ活動できません。塩には脱水作用があるため微生物の繁殖を抑え、

 腐りにくくします。

 ですが、高い防腐効果を得るには高い塩分濃度が必要です。よって、味が濃くなってしまいます。

 現代において「作り置き」は多いと思いますが、味付けには注意が必要です。味が濃いものは一度に食べ過ぎないように。

 特に小さなお子さんのいるご家庭では薄味を心がけましょう。

 また、折角作ったのだから・・・と、残すのを勿体なく感じついつい食べ過ぎてしまう、ということはありませんか?

 時には残す勇気も必要です。

 そして折角の手作りでも好物ばかりでは本末転倒です。主食、主菜、副菜のバランスは大事です。

 外食の際にも、このバランスを心がけると食事による病気の予防にも役立ちます。

 最後に、料理好きな方にとって、「味見」は欠かせないものと思います。

 しかし、「味見」で口の中に残った糖分がそのままだとそれもむし歯の原因になります。味見の後にも、歯磨きはお忘れなく。       

                                 

 味見

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.12.20更新

赤ちゃんのなかには、寝つきが悪く夜泣きをするため、添い寝をしながら母乳を飲む赤ちゃんもいると思います。

乳首から吸われた母乳→上唇と上の前歯の間、舌と上の前歯の裏側の間にとてもたまりやすく、寝る前の授乳は上の前歯の周りに母乳がたまりやすくなる場合があります。

1歳を過ぎるとショ糖を含んだ食品を口にする機会が増えてくるので、ミュータンス菌という菌が付きやすくなり、

歯垢として歯の表面に菌が多量にすみついているところ→母乳の乳糖が供給されて、細菌により作られた酸がいつまでも残ると、少しずつむし歯ができてきます。

 

【予防】

健康な歯→白く透明感あり

初期むし歯→ガーゼで拭くとつやのない白い濁りやざらつきがみられます。

 

上の前歯が生えてきたら、寝る前の歯磨きを習慣づけて上の前歯の裏側まで歯ブラシで丁寧に磨くように心がけましょう。

授乳前に歯垢を落とすことにより、むし歯のリスクが少なくなってきます。

 

乳首を吸わないと寝ない→空腹ではなく、精神的に安心を求めていることが多い

寝る前に絵本を読んであげたり、子守唄をうたってあげたりなど、安心しながら寝ることのできる方法をみつけて

少しずつ母乳を卒乳していくことが大切になってきます。

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.12.03更新

よく噛んで食べると顎の成長に繋がったり、歯並びが綺麗になると言われています。

しかし本当の「よく噛む」とはどのようなことでしょうか?

前歯だけを使い噛むのは、よく噛んでいるとは言えません

また固いものばかりを食べても顎を痛めてしまう危険性があります。

人間に大切なのはバランスです。

オリンピック選手でも運動機能を上げるために激しい運動ばかりでなくストレッチも取り入れてバランスよく筋肉を発達させます。

「よく噛む」ことは固いものだけでなく、噛む回数を増やすことが大切なのです。

リンゴをガブリとかじりついたり、きゅうりをポリポリ前歯で噛んだり、、、

ガジガジサクサクモグモグと前歯や奥歯をまんべんなく使って顎や顔を成長させましょう。

 

よく噛むための7つのルール

①大きく食材を切る

⇒食材を大きく切ることで噛む回数が増えます。

大きめに切ってかぶりつけるようにしましょう。

②歯ごたえを残す

⇒野菜はなるべく繊維を残し脂の少ないお肉を選びましょう

③食材の組み合わせ

⇒豆腐など、軟らかい食材にはちりめんじゃこやナッツなどを合わせると栄養価も上がり新しいアレンジも出来ますよ

④水をおかない

⇒食卓に水を置くことで食べ物をよく噛まず、水で流し込んでしまいます。食べる時には食材の水分と唾液で十分です。

お水やお茶は食事の前後にしましょう。

⑤足が届く椅子を使う

⇒食事中の姿勢はとても大切です。

椅子に座った時に足が床か台に付くよう工夫しましょう。猫背は悪い歯並びの元です。

⑥せかさない

⇒「早く食べなさい」などと言ってしまいがちですが、子どもはせかされると噛まずに飲み込んでしまい

消化が悪くなってしまします。

⑦楽しむ プラス

⇒食事は楽しんでするものです。

毎日の食事を楽しんでさらにプラスa でよく噛める工夫をし

ゆっくりと食事できる環境を作りを家族で工夫してみましょう。

会話をしながら食事をすると美味しさも倍ですよ☆

投稿者: 医療法人敬天会

前へ

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • みらいキッズランドホームページみらいキッズランドホームページ
  • 求人ページ求人ページ
  • みらいキッズガーデンみらいキッズガーデン