歯の豆知識ブログ

2018.06.18更新

むし歯はむし歯菌糖分歯質が重なった状態のまま時間が経過することで「むし歯」が出来ます。

  

むし歯予防で大切なことは

①おやつの摂り方

 こどもの歯は大人の歯と比べるとエナメル質が薄く虫歯に対する抵抗力も弱いため進行が早いです。

 そのため歯磨きやおやつ、甘い飲み物の摂り方には十分気を付ける必要があります。

 規則正しい習慣を身につけてジュースもおやつの一つである。 という事を認識して頂きたいです。

 

②むし歯菌の感染

 感染は歯が生えてくる生後6か月頃から始まります。

 むし歯原因菌が定着しやすい時期は1歳半から2歳半なので、この時期は特に注意が必要です。

 むし歯菌を移させないポイントは

 ☆妊娠中からお母さんのお口の中を清潔にする。

 ☆子供の周りにいる人たちの歯の治療をしっかり行う。

 ☆子供の周りにいる人たちのお口の中を清潔にする。

 

③歯磨き

 仕上げ磨きは保護者の膝の上にゴロンと寝かせて磨きましょう。

 そして仕上げ磨き用と子ども用の歯ブラシは2本用意しておくと良いでしょう。

 子供に保護者の歯を磨かせたり、仕上げ磨き中に鏡を持たせて ’今なにをしているか?’という事を見ることも大事だと思います。

 また仕上げ磨きの時間が嫌な時間にならないコツは保護者の顔です!

 こどもはゴロンと寝て保護者の顔を見ています。歯磨きに一生懸命になり過ぎて難しい顔にならないよう注意しましょう。

 

④フッ素物の利用と定期健診

 生えたての歯は未熟です。

 この時期にフッ素物を利用すると歯の質を強くしたり口の中の環境を改善する2つの働きがあるため、むし歯予防に効果的です。

 定期的に歯科医院でむし歯のチェックや高濃度フッ素を塗布すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.06.11更新

綺麗な歯並びは実は赤ちゃんがおっぱいを飲む(授乳)時期から始まっていることをご存知でしたか?

 

産まれたばかりの赤ちゃんには、がありません。

つまり咀嚼することが出来ないのです。

では、どのようにして栄養を採るのでしょうか?

赤ちゃんは哺乳することで栄養を補給します。哺乳運動には吸着、吸啜、嚥下という3つの運動に分かれており

この3つの運動はこれから成長していくにあたり、とても大切な動きになります。

 

・吸着とは唇と舌で乳首・乳輪部をとらえ密着状態を維持することです。浅くくわえさせてしまうと、乳首トラブルの原因にもなるので大きく口を開けさせしっかりくわえさせる事がポイントです。

・吸啜とは舌で乳首を圧搾・吸引して母乳を絞り出すことです。

このときに気を付けたいのが頭の向きです。

赤ちゃんの頭をまっすぐ正面から吸いつけるように抱くことで左右のバランスがとれた唇が出来上がります。

まっすぐ吸着できて、はじめて左右均等に吸うことができバランスの良い口輪筋(口の周りや口を開閉させる時に使う筋肉)と頬の筋肉が作られます。

一方だけに偏らず左右バランス良く吸わせることも重要です。

 

・嚥下とは飲み込みのことです。

例えば、横向きに寝たままコップでお水を飲んでみて下さい。とても飲みにくいですよね。

赤ちゃんも同じです。

なるべく縦に抱っこして頭を縦になるように支えてあげましょう。

横向きに飲むことが続くと間違った嚥下を舌が覚えてしまいます。

あごの広がりにとって大切な舌が、毎日誤った動きをしているとバランスよくあごが広がらず

綺麗な歯並びにはなりません。

日々の「正しい哺乳」こそが綺麗な歯並びを作る第一歩になります。

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.06.04更新

最近テレビのCMでもよく耳にする ❛むし歯予防’ いつから始めると良いでしょうか?

 

実は「マイナス1歳から」むし歯予防は始められるんですよ(*'U`*)

マイナス1歳というのは、つまりお母さんのお腹の中にいる時から始められるんです。

 

産まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はありません。むし歯というのは、風邪やインフルエンザと同じ感染症です。

子どものむし歯というのは、むし歯菌がお口の中に感染することから始まります。

むし歯菌が感染した後、お砂糖の採り方や歯磨きの習慣によってむし歯菌の数が増加してむし歯になりやすい状態になるのです。

 

ひとくちにむし歯と言っても、むし歯には段階があります。

以前お話したように、むし歯菌の「うんち」である歯垢によって菌が歯の表面にべったりとくっつき同時に「おしっこ」であるを出します。

そのによって長時間さらされていると歯が溶け始めていきます

これを「脱灰」と呼び、「初期むし歯」の状態です。

 

むし歯は大きく分けて2つの段階があります。

①菌がうつる時

②菌がうつった後

 

①のうつる段階とはインフルエンザや風邪のような「感染症」と同じ。

②うつった後の段階とはメタボリックシンドロームのような「生活習慣病」と同じです。

 

むし歯は感染症ですが、感染しただけで発症するのではなく

むし歯菌の存在に合わせて間食や歯磨きの習慣など生活習慣が関わって発症するのです。

 

☆虫歯予防の為にも、体の健康の為にも

日頃の食生活や習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.05.28更新

 

 

生まれて来た赤ちゃんにむし歯があるときは、口の中にあるむし歯菌が感染するからであり、歯が生えるとむし歯に感染しやすくなります。

むし歯菌は、特に1歳7ヵ月~2歳3ヵ月の時期に集中的に感染しやすくなり、細菌バランスは、三3歳くらいまでに決まってきます。

この時期までにむし歯にならないように防いでいけば、むし歯になるリスクは、少なくなっていきます。

 

むし歯菌感染の原因になるのは、家族でもあり、特にお母さんが注意することが大切になってきます。

 

お母さんの口の中の状況が重要です。

その為には、口から虫歯菌を退治しなければいけませんが、すでにむし歯や歯周病がある場合、急に口内環境をよくすることは

できません。

 

どうすればよいか?

 

自分の歯の状態を知って、むし歯や歯周病がある場合、お母さんになる前には、きちんと治して定期的に歯医者へ通われることが

必要です。

 

妊娠をすると歯茎が悪くなる?

妊娠すると、ホルモンバランスや唾液の量が変化し、歯茎に炎症を起こしやすくなります。

口の中を綺麗にしていれば、歯肉炎は防ぐことができます。

 

煙草を禁煙しましょう

 

家族の禁煙の影響は、お腹の中にいる赤ちゃんにも影響します。

・煙草の煙が口の中に入ると、唾液の分泌が低下して口が乾きやすくなる

・むし歯のリスクが高まる

・歯茎の血流が悪くなり、リスクが高まる

家族みんなで意識していきましょう。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.05.21更新

 

仕上げ磨きをなかなかさせてくれない、いつから口腔ケアをすればいいのか、と考えたことはありませんか?

歯がはえてから仕上げ磨きではなく、赤ちゃんの口に触れることにより、まずは、口に触れられることに

慣れる(スキンシップにもなる)⇒仕上げ磨きがしやすくなってくることがあります。

一本橋こちょこちょなど頬に触れたりしながらスキンシップをとるのもいいですよ。

 

仕上げ磨きを嫌がる時

磨き方に力が入りすぎたり(ブラッシング圧が強い)仕上げ磨きが続くと、嫌がることがあります。

ブラッシング圧は150g前後で爪の生え際を磨いてほどよい強さで磨くことを意識してするといいと思います。

また、歯ブラシの柄に鈴をつけて、ならないように注意して磨くのもよいと思います。

 

横になるのを嫌がる

 

横に寝転ぶことを嫌がる子も多いと思いますが、普段から親子で寝転んで、同じ目線になりながら

ゴロゴロして遊ぶといいです。歯ブラシに慣れるには、他にも

・上手に仕上磨きができる子の様子を見せたり、子どもと歯磨きを交代してみたり、兄弟同士で磨き合いをさせたり

と歯磨きの時間が楽しくなるかもしれないですね。

 

口を開くのにまだ抵抗のある子は、ぬいぐるみに仕上げ磨きをさせることからはじめるのもいいです。

歯に関する絵本もたくさんあるので、日常の遊びに取り入れるのもオススメします。

 

 

歯磨きをする事が当たり前といった感覚があるかもしれませんが、歯磨きの時間が嫌にならないように

怒らないで優しい言葉をかける

だらだらしないで、手早く磨く

歯磨きが終わったら抱っこして褒めるように心掛ける

歯磨き→怒らないことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.05.14更新

キシリトールとは、トウモロコシのひげやシラカバなどから作られています。

特徴として、砂糖と同じぐらい甘いのに、カロリーが砂糖よりも40%低く、キシリトールはむし歯のながら

エサにならないので、むし歯の数も減り、それにより、酸の発生が抑えられます。

キシリトール入りのガムなどよく噛むと、唾液がたくさんでるので、口の中の環境がよくなります。

2歳まで→ガムは、うまく噛めないのでタブレットやグミが良い

キシリトールが長く口の中にある方が良いので、タブレットは、舐めて溶かします。

☆食べるタイミング☆

一日3回→歯磨き前、歯磨き後を毎日続けましょう。

*注意→一度に多く摂取すると、お腹がゆるくなる時があります。

「トクホ」、「歯に信頼マーク」の食品は、食品全体のテストを行っています。

【食環境について】

食事中にテレビがついている家庭が多いようですが、「ながら食べ」をしていると、

口腔機能に問題が生じやすくなることがあります。どのようなことがあるかというと、

食事中にテレビを見ながら食べていると、クチャクチャと音を立てて食べるクチャラー食べ、もそもそと食べるようになる、丸飲みして食べてしまうものがでてくる。飲み込めない食べものがでてくる、食べるまでに時間がかかるといった問題がでてきます。

口腔機能が育っていないと、開口、舌癖がみられるようになります。

また、姿勢でも問題がでてきます。常にテレビの方向を見ているので、身体が傾きます。

食事に意識が向かなくなり、口に運んでいるものに意識が向かなくなることもあります

 

ただ、食べさせたりするだけではなく、しっかりと、きちんと正しく食事ができているか、

変化がないかを日頃から様子見ていくことがとても大切になっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.05.08更新

離乳食を食べさせる時に、急いで食べ物をスプーンで押し込んだりしていませんか?

食べさせる時には、咀嚼の反応をきちんと確かめながら食べさせることが大切です。

そうしないと、噛む⇒飲み込むの流れが不得意になってしまいます。

だらだら食べていると、つい早く食べなさいと言いたくなる時があると思います。しかし、

ゆっくり噛んで味を味わうことが大切です。

☆食べる時に大切なこと☆

・大きく口をあけて食べる

・前歯で咬みきり引きちぎる→それを、奥歯で噛む

この流れも大切です。

食べ物を食べるとあごが成長し、歯ならびがよくなります。また、よく噛むと肥満も防げます。

また、肥満になる原因として、肥満になる人は、ほとんど噛まないで

小さく切ったものや、軟らかいものばかり食べていると顎が発達しなくなるのと、こどもの成長をストップさせてしまいます。

自分でスプーンや箸を使うようになる前に、手でつかんで、ワイルドに食べる時期もありますが、つかんで、かぶりつくことも大切なことなので、見守ることも大切です。

 

☆かみごたえのあるものを☆

おせんべいなど、かみごたえのある食べ物を食べる時など、音がでるぐらい食べれていると、

しっかりと歯を使っているという事になります。しかし、くちゃくちゃと音をたてて食べるのは

良くないことです。くちゃくちゃ音がなっている時は、口が開いている音です。

口が開いていると口の筋肉が弱ってしまったり、いつも口を開けている癖がついてしまう事があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.05.01更新

 

ミルクや母乳を入れて飲ませる哺乳瓶。ジュースなどの糖分の多い飲料を代わりに入れて飲ませたり

していませんか?

 

それにより、哺乳瓶むし歯というむし歯になることがあるそうです。

 

*哺乳瓶むし歯・・・上顎の前歯の表側と裏側、下顎の歯にはむし歯が見られない

 

赤ちゃんの機嫌をよくしようと甘い飲み物をいれて口に突っ込むと、生えたばかりの前歯がむし歯になることがあります。

 

ジュースなどには、多くの砂糖が含まれています。

 

また、1歳ごろから前歯が生えそろいます。だらだらと時間をかけて甘い飲み物を飲む事もむし歯

の原因となります。寝る前に飲むことも原因になります。

 

繰り返すと、甘い哺乳瓶が癖になってしまうので、離乳期にミルクでなくジュースなどを入れることは控えましょう。

 

乳児の水分補給⇒果汁は、スプーンで飲ませましょう

水分をとるときは白湯、お茶などにしましょう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.04.23更新

離乳食が始まるとお母さんは大変ですよね。

赤ちゃんは離乳食を通じて今までの食が大きく変わります。

①飲む→食べる

②呼吸をしながら飲む→呼吸を止めて飲み込む

③いつもだらだら飲む→規則的に食べる

と3つの大きな切り替えをしていかなければなりません。

離乳期は≪吸って飲む≫という動作と、食べ物を≪飲み込む≫という動作を両刀遣いする時期なのです。

この切り替えが上手く行かないと丸呑みのままになりよく噛まなかったり、すぐむせてしまったりします。

離乳食は少しずつ段階を経て普通食になっていくのですが、

お母さんがお子さんの成長に合った離乳食を食べさせず先に進んでいくと赤ちゃんは ❛噛む❜ ことを知らず飲み込む事を覚えます。

飲み込む食事ばかりしていると将来の歯並びにも大きく影響していくので注意しましょう。

 

また近年ではファストフードなど柔らかい食べ物が多いので

子どもが大きくなったらよく噛んで食事をするように工夫するといいですね。

例えば、カレーの食材を食べやすいように小さするのではなく大きめにしたり

おやつをドーナツやプリンではなく、おせんべいやスルメなどに変えて 

よく噛む 習慣を身に付けておくと良いと思います(^^)/

綺麗な歯並びは離乳期から始まっていますよniheart

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.04.16更新

以前むし歯はインフルエンザや風邪と同じ感染症だというお話をさせて頂きました。

産まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌は存在しないのです。

赤ちゃんが離乳食を食べ出し、大人と同じ食べ物が食べられるようになる

1歳半~3歳 この時期を「感染の窓」と呼んでいます。

 

この時期は最も感染しやすい時期になります。

大人と同じものを食べられるようになることもあり、お箸やスプーンの共有により

親から子供へ 感染してしまうのです。

 

むし歯菌の感染を防ぐためには、、、

①歯科医院で歯のクリーニングを定期的に受ける

 ⇒これはお口の中のむし歯菌の量を減らす為

②お子さんと同じお箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない

 ⇒唾液によるむし歯菌感染を防ぐため

③お砂糖の入った食べ物や飲み物を控える

 ⇒虫歯菌がお口の中に感染するときに、お砂糖がすでにあるとむし歯菌が住み着きやすくなるため

 

以上の事を気を付けることが大切です。

 

1歳半~3歳頃が最も感染しやすい時期とするなら

逆に3歳まで感染しなければ、その後のむし歯予防はとっても楽になります。

 

むし歯が出来てから歯医者へ行くのではなく

3歳までに定期健診へ行ってみましょう!

 

試してみよう!

◎水やお茶はストローではなくコップで飲むクセを。口全体に広がり洗浄効果が期待できます。
◎お口をポカンと開けるクセに注意。お口が乾燥すると細菌が繁殖しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

前へ

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • みらいキッズランドホームページみらいキッズランドホームページ
  • 求人ページ求人ページ