歯の豆知識ブログ

2018.11.19更新

お口の中にはだいたい300種類もの細菌(口腔常在菌)が存在していると言われており

そのなかで食べ物を分解したり、発酵させたり互いの活動を助け合ったり抑制し合ったりしています。

しかしこの細菌の構成がバランスを崩すと色々な病気を引き起こしてしますのです。

 

お口がフルに機能する為には細菌のバランスを保つには口の中をいつも清潔しておくことが大切です。

赤ちゃんであれば、授乳後に口の中に残っているミルクをガーゼで拭きとったり

乳幼児であれば食後、歯ブラシで食べ物の残りカスを取り除くことが大切です。

時間が取れない時などは、ぶくぶくうがいをするだけでも効果的です。

口の中を清潔に保つという事を、小さいうちから身につけておきましょう。

 

正しいうがいの仕方

コップに水やぬるま湯を用意します。

お茶でうがいをすると殺菌効果があります。

①口に水を含み「ぶくぶく」うがいを10回くらいする

(これは口の中の食べ物のカスなどをとる目的)

②吐き出して、また水を含む。

③上を向いて「ガラガラ」うがいをする。10秒くらいを2回

④水はそのままにして、口の中をあちこちに動かしてから吐き出す。

 

※こどもにうがいを教えるのはちょっと難しいですが、大人が一度やって見せると3歳くらいを目安に出来るようになります。

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.11.12更新

子どもの味覚は3歳までに決まると言われています。

そこで大切なのは離乳食期です。

 

初めて‘味‘を覚える第一歩は離乳食ですが、そこでアミノ酸や糖類が添加された市販のおかゆやスープの味に慣れてしまったり

早くから清涼飲料水やジュースの甘さを知ってしまうと、どうでしょう?

市販の加工品はとても甘く、皆さん誰しもが おいしい と感じるように作られています。

離乳食期のこどもにこれらを与えると脳の中枢神経だけではコントロールできなくなるのです。

そして次から次へと欲しくなり泣くようになってしまいます。

 w

世の中にあふれている調味料は塩、醤油、砂糖、みりん、酒、味噌、と色々ありますが

裏の成分表をご覧になったことはありますか?

実は酸味料や着色料、多糖類など添加物を加えて<それらしく>見せているものも、たくさんあります!

例えば本物のしょうゆであれば原材料は「大豆、小麦、塩」ですが

しょうゆ調味料の方の原材料は「脱脂加工大豆、調味料、PH調整剤、甘味料、カラメル色素」となっているのです。

毎日使う調味料がこうしたものであると、不要な添加物を取らざるを得なくなり

それが体に少しずつ蓄積されてしまいます。

将来、病気になりにくく健康で過ごす為に

離乳食をスタートした時からこどもが初めて口にするものは、とても大切です。

基本は薄味を心がけ、素材そのものの味を活かすと良いでしょう(^O^)

調味料使う場合はなるべく本物を使用しましょう!

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.11.09更新

むし歯をつくらないために、以下7つの事を気を付けると

むし歯予防に効果的です。

 

赤ちゃんに大人の口腔内細菌をうつさないようにする

むし歯菌は唾液によって人から人へ移るので離乳食を与える時、大人が味見や温度を確認する為に使用したスプーンを共有しないようにする。

 

②歯が生えてくる前の赤ちゃん頃からガーゼや歯ブラシで口の中を清潔に保つ。

とくに授乳後は口の中を綺麗にする習慣を身に付ける。

(母乳は甘いのでむし歯になりやすい)

 

③甘い物は時間を決めて与える。

ダラダラ食べをすると、むし歯になりやすい。

 

④甘いジュースやおやつを食べた後は歯磨きをする。または、おやつとジュースの時間を一緒にしない

おやつを食べた後の歯磨きが難しければ、うがいやキシリトール入りのガムを噛む事も効果的です

 

牛乳やチーズ、豆腐、小魚など歯を強くする食品を食べるようにする。

お母さんも妊娠中はバランスの良い食事を心がけ適度に運動をする。

 

⑥噛み応えのある食べ物を食べる。

噛むことによって唾液の分泌が盛んになり、唾液は殺菌効果が大きいので口の中が清潔になる。

出来れば食事の最後に繊維質のものを食べると良い。

 

⑦食後のうがいや歯磨きとデンタルフロス、家庭用フッ素ジェルの使用を習慣づける。

 

このようにご家庭や自身で出来ることはたくさんあります。

むし歯予防の為に 何か1つからでもはじめてみませんか?

 

投稿者: 医療法人敬天会

2018.11.05更新

子供は成長の変化が著しく、体はもちろんのこと、顎の骨(顎骨)や歯並び(歯列)は大人へ向けて日々、成長しています。

発育を正しく導くためにも、しっかり食事ができるよう、良い咬み合わせをつくることはとても大切です。

 

乳歯(こどもの歯)と永久歯(大人の歯)の交換は6歳頃から始まり、

永久歯が成長しながら乳歯を押し上げ7年ほどの時間をかけて徐々に生えかわります

しかし、乳歯をむし歯で早く失うと、良い永久歯の歯並びができません

歯並びが悪いことで、しっかり咀嚼(噛む)ができないばかりか、

見た目から心理的なコンプレックスに陥ることが多いのです。

また、むし歯や歯肉炎になりやすく、全身の健康にも悪影響を及ぼします。

l

なかには乳歯は生えかわるから、

むし歯になっても治療しなくていいと考えている方がおりますが、

それは大きな間違いです。

乳歯のうちからお口の中を綺麗な状態にし(虫歯の無い)フッ素を使って歯を強くしていくことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約