歯の豆知識ブログ

2019.05.13更新

前回、昔の人々もむし歯に悩まされていたことを書きました。

糖質を含む食生活は、むし歯になりやすい。

今回は、その糖質についてです。

糖質=炭水化物、とされることも多いですが、厳密には違います。

炭水化物は三大栄養素の一つであり、糖質食物繊維から成り立っています。

糖質は糖を主成分とする物のことで、砂糖ブドウ糖などが含まれます。

現代に比べむし歯予防の方法が確立されていない時代では、日々の食事だけでも十分むし歯の原因になっていたことでしょう。

糖質は、主食とされる米・パン・麺類・イモ類に多く含まれます。

その他、果物や砂糖、蜂蜜など。

野菜は米やパンなどと比較すると少なめですが、意外と多いものも。

ちなみに、中でも多く含むものはさつまいも。さつまいも自体、野菜の中でも甘味が強いですね。

甘みのある野菜は、糖質が高めです。実はかぼちゃも上位に入る多さです。

日々の食事だけでも、むし歯に繋がるものは多いです。

簡単でいいので、なるべく毎食後磨きましょう。

はみがき

なにかと制限すべきとされる糖ですが、人間にとっては重要なエネルギー源です。

また、脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質とされ、脂質などに比べ分解・吸収の速度も速いです。

脳に直接栄養が届くので、勉強の後など、疲労している時には素早くエネルギーを補給できるため効果的です。

ただし、糖質は素早くエネルギーとして利用できる分、体内にはほとんど残りません。

すぐに使われなかった分は、脂肪となってしまうからです。

現代では、日常的に運動の頻度が減り、使うエネルギーに対し糖分が過多になりがちです。

普段の食事にも、調味料などに砂糖は多く含まれています。

炭水化物に加え、お菓子などの糖分を加えるとどうしても余ってしまいます。

ですが、運動や頭を働かせることにおいて糖は非常に効果的です。

甘いものは運動や勉強の後。もしくは、甘いものを食べた後は運動することを心がけましょう。

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • みらいキッズランドホームページみらいキッズランドホームページ
  • 求人ページ求人ページ
  • みらいキッズガーデンみらいキッズガーデン