ドックスベストセメント

ドックスベストセメント療法について

当院では、歯を削らずに薬でむし歯を治す
Doc’s Best Cement(ドックスベストセメント)療法 をおこなっております。

ドックスベストセメント療法とは

従来の治療法

神経をとらなければならないようなむし歯があった場合、神経をとる治療をすると歯は寿命が短くなります。
また、治療回数も

  1. 1

    歯の神経をとる。

  2. 2

    歯の中を消毒する。

  3. 3

    きれいになったら人工の薬を埋める。

  4. 4

    歯を補強する。

  5. 5

    歯の型どりをする。

  6. 6

    保険の場合、銀歯を入れる。

と回数がかかりますし、症状によってはもっとかかります。 銀歯を白くしようとすると、費用は数万円もかかります。

ドックスベストセメント療法

従来の治療法に対してドックスベストセメント療法は、

  1. むし歯をできるだけ削らないで、とる必要なところをすこしだけとってドックスベストセメントを塗る。
  2. 保護のために、適切な詰め物でかぶせて終了。
詰め物の大きさに依りますが、費用は約1~3万円です。 治療期間も短く、歯の神経を残せる点で大変優位な治療法です。

ドックスベストセメント療法の流れ

神経に近いようなむし歯があった場合、大きく削って神経をとってしまうと、最終的にはかぶせ(保険の場合銀歯)になります。
寿命も短くなります。
ドックスベストセメント療法だとまずむし歯の部分だけ洗います。
ドックスベストセメントを詰めます。
症状がないのを確認して白い詰め物をして終了です。

注意事項

ドックスベストセメントは保険適用でないため、当院では3000円(税別)かかります。
また、その上の詰め物も自費になります。
写真の歯の場合は、1万5000円(税別)かかりました。
しかし一回で治療が終了し、神経も残せ、白い歯のまま治せます。