保護者の方へ

初めて受診されるお子さんの保護者の方へ

子供たちにとって、歯医者さんは恐怖の時間です。
無理やり口を開けられて、押さえつけられて、痛い事や怖い事をされる・・・

「今やらないと、もっと痛くなるよ!!」
必死に頑張って治療したはずなのに、
またすぐ痛くなって・・・
こんな事を繰り返せば、大人だって歯医者さんは嫌いになると思います。
歯医者さんで怖い思いをすればするほど、子供たちは歯医者さんに行くのを嫌がります。

すると、どんどんむし歯 → 我慢できなくなって来院 →
また痛い事をされる → また行かなくなる
→ますますむし歯・・・

という悪循環を起こしてしまいます。

いかに子供たちにとって、歯医者さんは嫌なところではなく、楽しくて来たくなる所だとイメージを持ってもらえるかが大事なのです。

実際に定期的に歯医者さんに通い、定期検診や予防処置を受けている子供は、大幅にむし歯が少なく、医療費がかからないというデータがあります。

当院では、少しでも子供たちと仲良くしたい、歯医者さんを好きになってもらいたい、そして健康な歯を守ってもらいたいと考えています。

このため、歯医者さんが初めてのお子さんや、歯医者嫌いのお子さんの受診の場合、少し他の歯医者さんとは違う、変わったことをいたします。

①本人が口を開けてくれるまで、無理に口の中を見ない。
  ②治療させてくれるまで、無理に治療しない。
③本人のペースでゆっくり慣れてもらいたい。

これがモットーです。
具体的には、最初の数回は、お子さんの受容度(歯医者さんをどこまで受け入れてくれるか)に合わせてやっていきます。

イスにお母さんと座れたらOKの子もいれば、診療室に入れたらOKの子、最初からお口の中を見せてくれる子まで色々です。

年齢や性別、性格や兄弟姉妹の有無など、様々な環境があるので、達成度や受容度、慣れるスピードに差があるのは当たり前です。

ですから保護者の皆さん、来院するお手数がかかりますが、お子さんのペースに合わせてあげてください。

中には治療に入れるまで、10回近くかかる子もいます。
ですが、みんな最後にはきちんと一人でイスに座り、お口を開けて治療させてくれるようになります。

自分の中で、歯医者さんを納得して受け入れてくれたお子さんは、定期的に楽しんで来院してくれるので、非常にむし歯になりにくくなります。

当院が考えるゴールは、
『永久歯が生えそろう前に、いかにむし歯になりにくい
お口の環境を作ってあげられるか』
なのです。

長い目で見てあげて、お子さんにとって一番になることを、一緒に頑張っていきましょう!