インプラント

インプラント

インプラントについて

歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その土台に人工歯を装着する治療法です。

インプラント治療の流れ

1初診・ご相談

インプラント治療の説明を行い、疑問や不安な点についてお答えいたします。 患者さまのお口の状態を診断いたします。

2治療計画のご提案

診察の結果や、患者さまのご希望、予算などを考慮して、治療計画をご提案します。

3治療

顎の骨にインプラントを埋め込みます(1次手術)。 インプラントと骨が結合するまで3カ月ほど期間を置き、2次手術をします。 仮歯をつけて調整をした後、人工歯を装着します。 その後は、定期的にメンテナンスを行います。

CT撮影について

インプラントをする場合、CT撮影は手術前に必須の診断項目になります。 当院では、やよいがおか鹿毛病院にCT撮影を依頼し、骨の状態を精査したうえで治療計画を立てております。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリット
1本から何本でも対応できます。
自分の天然歯のような感覚です。
しっかり噛めて食事が楽しめます。
話すときにも違和感がありません。
見た目がきれいで自然です。
周囲の歯を支えにしないため、健康な歯を痛めません。
インプラント治療のデメリット
手術が必要になります。
治療終了まで期間がかかります。
保険外診療のため費用がかかります。

入れ歯

入れ歯について

歯を失ったところを補う、取り外しができる義歯です。 部分的に補う場合は部分入れ歯、歯がまったくない場合は総入れ歯を使用します。保険治療のものと保険外治療のものがあり、さまざまな種類があります。

入れ歯治療の流れ

  1. 型取り
  2. 模型作製
  3. 形や噛み合わせを確認
  4. 完成した入れ歯を装着して調整

入れ歯治療のメリット・デメリット

入れ歯治療のメリット
いろいろな種類から選べます。
比較的短期間で治療できます。
合わない場合は修正ができます。
取り外して清掃することができます。
保険治療が可能です。
入れ歯治療のデメリット
食事のときにものが挟まることがあります。
バネをかける隣の歯に負担がかかります。
噛む力が天然歯よりもかなり劣ります。
取り外して手入れをする必要があります。
人によっては違和感があります。

ブリッジ

ブリッジについて

失った歯の両側の歯を削り、そこを支えにして橋(ブリッジ)をかけて歯をつくる治療法です。

ブリッジ治療の流れ

  1. 型取り
  2. 模型作製
  3. 両側の歯を削って仮歯を入れる
  4. 完成した人工歯を装着して調整

ブリッジ治療のメリット・デメリット

ブリッジ治療のメリット
固定されているため違和感は少ないです。
比較的短期間で治療できます。
人工歯の選択ができ、保険外で審美的な修復も可能です。
保険治療が可能です。
ブリッジ治療のデメリット
支えになる隣の歯を削る必要があります。
支えになる歯に負担がかかり、周囲の骨がやせやすくなります。
歯肉との間に食べ物が挟まることがあります。

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ