顕微鏡検査

顕微鏡検査について

口腔内細菌が歯周病や虫歯といった歯を失う原因となっているのです。
当院では口腔内に存在する細菌の種類によって対処方法も変わってきますので
患者様にあった方法で治療を行います。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

当医院では 位相差顕微鏡により口腔内の細菌の種類や量を把握したうえで治療をしていきます。 口腔内には500~700種類の細菌が生息しているといわれています。 こうした口腔内細菌が 歯周病 や 虫歯 といった歯を失う原因となっているのです。

口腔内に存在する細菌の種類によって対処方法も変わってきますので、患者様にあった方法で治療を行います。 歯周病を起こす細菌は口腔常在菌(健康な状態であっても存在する細菌)なので、歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌をゼロにはできません。しかし極力数減らすことが歯周病活動を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。 左上は位相差顕微鏡で見るとこのできる歯周病原因細菌の動画です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

歯周病に関連する主な細菌は深い歯周ポケット内部に生息するカンジダ菌(カビ菌)とスピロヘータ(らせん菌)という細菌です。
歯周病の進行している患者さんの歯垢や歯周ポケットからカンジダ菌やスピロヘータが観察されることが多いことから、カンジダ菌とスピロヘータの有無や量、活動性などを歯周治療の目安にします。スピロヘータは、口腔内細菌の中でも最も注目される細菌のひとつです。ミミズのような動きをする気持ちの悪いスピロヘータですが、正式にはトリポネーマ・ディンティコーラと言い、嫌気性(酸素がない状態で生育する)の菌です。

歯周病治療といえば従来から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのクリーニングがどこの歯科医院でも行われる基本的な治療です。

しかし、この基礎的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症が取れず歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられます。
この場合抗生物質を使った化学療法が必要です。
化学療法が必要かどうかを判断するためには顕微鏡を使った細菌検査が不可欠です。スピロヘータのような細菌が大量に存在することは非常に危険なのです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

左が治療終了後です。
カンジダ菌とスピロヘータの減少が認められ、穏やかな細菌叢です。

具体的な検査方法

歯周ポケットからプラーク(汚れ)を採取します。
プラーク(汚れ)をプレパラート(透明のガラス板)に置きます。
位相差顕微鏡に設置します。
位相差顕微鏡に接続されたモニターで細菌を観察します。
痛みのない非常に簡単な検査です。

どこから感染したのでしょうか?

生まれたときには人の口の中には歯周病菌は存在しません。もともといない歯周病菌がなぜ口の中にいるのでしょうか?答えは人からうつされているのです。子供の場合は家族からうつることが多いです。体の種々の細菌は両親・家族から幼児への感染がほとんどです。

つまり、両親・家族が同じ菌叢を持っている可能性があります。
ただし、子供の場合、歯周病菌が多くいたとしても、大人になるまでに発症・進行することは
稀です。大人の家族の場合は発症・進行する可能性がありますので、お早めに検査を受けられることをお勧め致します。
また大人の場合、回し飲みや回し食い箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとして考えられます。特に危険なのは性感染といわれます。
せっかく歯周病を治してもパートナーからうつされたのでは意味がありません。
パートナーの方と同時に治療されることをおすすめしています。

再発を予防するには

カンジダ菌(カビ菌)は口腔内常在菌ですから口の中に必ず住み着いている菌です。徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。

全滅させることは不可能なのです。
ですから毎日のご自身での歯磨きと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニング(PMTC)が大切です。カンジダ菌が増えすぎると歯ぐきが腫れるなど、悪い影響が出てきます。また、カンジダ菌は大きな菌ですので歯周病菌の快適な住みかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。

定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないかカンジダ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認しPMTCを行う必要があります。

全身疾患との関係

口腔内の細菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。歯周病菌も、わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こすのです。歯周病の人が心臓病になる確率は2~3倍にあがります。ほかにも食道癌、糖尿病早産、高血圧などにも関与しています。歯周病菌のだす毒素は糖尿病を悪化させる原因になることがわかってきています。

歯周病治療終了後に注意すべきこと

  1. 歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気をつけましょう。
  2. 特に性感染に気をつけましょう。
  3. 歯周病を起こす細菌が感染しにくいように、お口の中を清潔に保つように
  4. こころがけましょう。つまり、歯石やカンジダ菌を定期的に除去して、そして毎日適切な歯磨きをしましょう。当院ではつまようじ法を推薦しています。
  5. 歯周病をおこす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受けるようにしましょう。

顕微鏡検査することの意義

  1. 歯垢が単なる磨き残しや食べかすでは無く、細菌の塊であることが理解できます。お口の中の細菌を実際にみることで、自然と歯磨きをするモチベーションが向上します。
  2. 若年者の場合、細菌を確認しておくことで将来的に歯周炎になるリスクが予測できます。若年者に限らず、幼児から青年期の方も、継続してメインテナンスしていくことの大切さが理解できます。結果的に、歯周病、虫歯を予防することに繋がります。
  3. 顕微鏡像はパソコンに保存しております。メインテナンス時に再度、検査した場合、過去の菌叢と比べることができます。
  4. 菌叢を経時的に比較することにより、お口の中の菌叢の変化を知ることができます。 継続したメインテナンスの重要性を確認できます。
検査につきましては、歯科医師または担当歯科衛生士にお尋ね下さい。