メタルフリー

メタルフリー

メタルフリーについて

健康のために金属を用いない治療を 

「金属アレルギー」をご存じですか?
ネックレスや指輪などを付けると、肌が負けて荒れてしまう方がいますが、こうした症状は代表的な金属アレルギー(接触性金属アレルギー)といえます。

金属アレルギーは、気づかないうちに全身に影響を及ぼしていることがあります。
人体のメカニズムを狂わせることから、肥満、糖尿病、自閉症、癌、老化などとも関係あるという見解もあります。
具体的には、掌蹠膿疱症、扁平苔癬、皮膚炎などの歯科金属疹(遅発性金属アレルギー疾患)の病名が挙げられています。

口の中は日々咀嚼で負荷がかかる過酷な環境のため、金属(歯科用金属)がイオン化して溶け出しやすく、口腔細菌、唾液、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。
特に口腔内に2種類の金属がある場合、質がよくないほうの金属のイオン化傾向が高く、溶けるスピードが加速します。

金属アレルギーを起こしやすい金属でパッチテストをした結果

  • 1位 アマルガム水銀23%
  • 2位 ニッケル13.5%、コバルト13.5%
  • 3位 スズ12.8%
  • 4位 パラジウム11.3%
  • 5位 クロム9.5%

これらはすべて、歯科治療でよく用いられる金属です。
日本では歯科用金属を長年にわたって口腔内に使ってきたことで、全国的に金属アレルギー患者が増えているという説もあります。
特に保険治療でよく使われる、12%金銀パラジウム合金はアレルギーを起こしやすい成分であるパラジウムとスズが含まれています。

これまで日本のむし歯治療では、アマルガム水銀と呼ばれる水銀を詰め物に用いてきました。危険なイメージがある水銀を口の中に使ってきたことに、驚かれた方もいるでしょう。
昔は材料学が発達しておらず、今の歯科治療でよく用いられるレジン(プラスチック)もなかったため、形を整えやすいアマルガム水銀が用いられていたのです。
水銀は簡単に口腔内で溶けていきます。
恐ろしいことに、溶けてイオン化した水銀は、どんどん体に取り込まれていってしまいます。

当院では、健康のことを考えて、金属を使わないメタルフリーの治療をおすすめしています。

当院の詰め物・被せ物の特徴

当院は、金属を用いない治療を推奨し、
セラミック、ハイブリッド、ジルコニアを提供しております。

セラミック

陶材(お皿などと同じ焼物)のことです。

メリット
  • とても硬く、審美性が高い素材
  • 変色せずいつまでも美しい
  • 光の透過性が歯に似て、抜けるような美しい白さがある
デメリット
  • 割れやすい。強度を出すためにある程度の厚みが必要
  • 価格が高い

ハイブリッド

強化プラスチックのことです。

メリット
  • 歯に近い硬さがあり、割れにくい
  • さまざまな色の歯に対応できる
  • 価格が手ごろ
デメリット
  • 少し色が変化する

ジルコニア

宝石や人工ダイヤとしても使われる鉱石の一種

メリット
  • 非常に硬くて、丈夫
  • 土台の色を隠して、白さを出せる
  • セラミックと組み合わせられる
  • 強度があり、インプラント支台に用いられる
デメリット
  • 非常に硬く、一度装着すると外しにくい
  • 非常に高価

こんな方におすすめ

  • 健康によい素材を使いたい
  • 金属アレルギーがある
  • 銀歯は入れたくない
  • 銀歯をやり直したい
  • 虫歯の治療後はきれいな歯を入れたい
  • 長持ちする治療を受けたい

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ