顕微鏡検査

顕微鏡検査

顕微鏡検査について

むし歯や歯周病は、口腔内の細菌によって引き起こされます。
口腔内に存在する細菌の種類によって対処方法も変わってくるため、当院では顕微鏡検査で細菌を確認したうえで、患者さまに合った治療を行っております。

当院では位相差顕微鏡を使って口腔内の細菌の種類や量を把握します。口腔内には500~700種類もの細菌が生息しているといわれ、こうした口腔内細菌が歯周病やむし歯を引き起こし、歯を失う原因となっているのです。

細菌の種類によって対処方法も変わってきますので、種類を確認したうえで患者さまに合った治療を行います。歯周病を起こす細菌は口腔常在菌です。健康な状態でも存在する細菌であるため、歯周病の治療をしてもすべての歯周病細菌をゼロにすることはできませんが、細菌の数を減らして歯周病活動を抑え、再発を少なくすることにつながります。左は位相差顕微鏡で見るとこのできる歯周病原因細菌の動画です。

歯周病には、深い歯周ポケット内部に生息するカンジダ菌(カビ菌)とスピロヘータ(らせん菌)という細菌が主に関連しています。
スピロヘータは、最も注目されている口腔内細菌のひとつです。正式にはトリポネーマ・ディンティコーラと呼ばれ、嫌気性(酸素がない状態で生育する)の細菌です。

歯周病の基本的な治療は、従来から歯磨き指導や歯石の除去をする歯の周りのクリーニングが行われています。
しかし、この基礎的な治療だけではなかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失ってしまう方がおられます。
このような場合は、抗生物質を使った化学療法が必要になります。
化学療法の必要性を判断するためには、顕微鏡を使った細菌検査が欠かせません。

左が治療終了後の動画です。
カンジダ菌とスピロヘータの減少が認めらます。

歯周病菌の検査方法

  1. 歯周ポケットからプラーク(歯垢)を採取します。
  2. プラーク(歯垢)をプレパラート(透明のガラス板)の上に置きます。
  3. 位相差顕微鏡に設置します。
  4. 位相差顕微鏡に接続したモニターで細菌を観察します。

痛みのない非常に簡単な検査です。

なぜ感染したのか

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、歯周病菌は存在しません。もともといない歯周病菌が、なぜ口の中にいるのでしょうか? それは、他の人からうつされたからなのです。
子どもの場合は、両親・家族からの感染がほとんどです。

ただし、子どもの場合、歯周病菌があっても大人になるまでに発症・進行することは稀です。大人の場合は発症・進行する可能性がありますので、早めに検査を受けることをおすすめします。

また大人の感染ルートは、回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが考えられます。特に危険なのは性感染でしょう。
せっかく歯周病治療をしても、パートナーからうつされては意味がありません。パートナーの方と同時に治療することをおすすめしています。

予防について

カンジダ菌(カビ菌)は口腔内常在菌のため、必ず口の中に住み着いている菌です。徹底的に除去したとしても、空気中や食べ物、手の指などから再び口の中に戻ってきます。残念ながら全滅させることはできません。

予防のためには、毎日の歯磨きと、歯科医院での定期的なPMTC(プロフェッショナルクリーニング)が大切です。カンジダ菌が多くなりすぎると、歯ぐきが腫れるなど悪い症状が出てきます。また、カンジダ菌は大きな菌であるため歯周病菌の快適な住み家にもなり、歯周病菌に再感染しやすくなります。

定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか顕微鏡で確認し、PMTCを受けましょう。

全身疾患との関係

口腔内の細菌が全身の疾患に大きく関与していることがわかり、医療の問題になってきています。
歯周病菌は、数は少なくても口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入り、心臓で炎症を起こしてしまいます。歯周病の人が心臓病になる確率は2~3倍といわれています。カビ菌が肺に入れば、肺炎が引き起こされます。
歯周病菌が出す毒素は、糖尿病を悪化させる原因になることがわかっていて、ほかにも高血圧、糖尿病早産、食道癌などにも関与しています。

歯周病治療終了後に注意すべきこと

歯周病は細菌による感染症。再感染にご注意ください。特に性感染には注意してください。
歯周病を起こす細菌が感染しにくいように、お口の中を常に清潔に保つように心がけ、歯石やカンジダ菌を定期的に除去して、毎日適切な歯磨きをしましょう。当院では、つまようじ法を推薦しています。
また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないかどうかを調べるために、歯科医院で顕微鏡を用いた定期検診を受けるようにしましょう。

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ