つまようじ法

つまようじ法

つまようじ法とは?

当院では、岡山大学名誉教授(口腔保健学)渡邊達夫(わたなべ・たつお)先生が開発した“つまようじ法”を推薦しています。
「つまようじ法」とは、つまようじのように歯ブラシの毛先を歯と歯の間に出し入れすることにより、歯間部の歯肉のマッサージと歯垢除去をおこなうブラッシング法です。つまようじ法は、歯周病の予防・治療や歯の喪失予防に効果があります。

つまようじ法で歯肉をマッサージして、歯と歯の間の歯ぐきを強くします。
詳細はこちらからもご確認いただけます。

株式会社PMJ:http://www.pmjv7.co.jp/

お口の健康ネットワークとは

渡邊達夫先生が理事長を務める「お口の健康ネットワーク」は、一生自分の歯で食べられる社会を目指し、人々の健康の保持、増進に寄与することを目的とした特定非営利活動(NPO)法人です。

つまようじ法の効果

効果1 マッサージ効果

歯垢を効果的に取り除くことができ、それと同時に歯と歯の間の歯ぐきが強くなります。

効果2 歯の喪失防止

数週間くらいで、ぐらつきのあった歯に改善傾向が認められることがあります。ぐらつきが改善すれば、歯を抜く必要がなくなります。

効果3 口臭減少

厚生省が30歳以上を対象に行った調査では、約3,500人(約14%)が口臭問題を訴え、口臭に悩む人は年々増加しています。口臭の原因は虫歯や歯槽膿漏、消化器系などとされていますが、口の中を清潔にすれば、口臭も防ぐことができます。ブラッシングは従来から口臭の改善に効果的とされ、さらにつまようじ法を続けることで、長期的な口臭減少につながるものと考えられます。

効果4 短期間で改善

つまようじ法専用歯ブラシV-7でつまようじ法ブラッシングを行えば、歯ブラシ1本で歯の表面から歯と歯の間のすみずみまでブラッシングでき、さらにマッサージ効果で歯ぐきが強くなります。歯間ブラシやフロスは面倒で、長続きしないという方も多いです。歯ブラシとフロスを使った通常のブラッシングよりも、V-71本でつまようじ法をしたほうが、臨床データからも短期間で改善できることが実証されています。

当院では、感染予防と清潔な状態での治療を目指して、治療の開始前に歯科衛生士による歯磨きを患者さまにさせていただいております。
当院の院長とスタッフは、渡辺先生から直接つまようじ法の指導を受けております。
つまようじ法専用歯ブラシV7は院内にて230円(税込)で販売しております。

V7歯ブラシについて PMJ:http://www.pmjv7.co.jp/

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • お子さまの矯正 専門サイトお子さまの矯正 専門サイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ