歯の豆知識ブログ

2021.07.09更新

こんにちは 衛生士の田中ですglitter

今回は妊婦さんと歯周病の関係についてお話をします。

 

妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から、虫歯や歯周病になりやすくなっています。

そしてそれは、授乳が終わるまで続きます。

 


 

【原因】

①つわりなどにより奥歯の歯磨きが難しくなるため、磨き残しが出やすくなる。

②少しづつ、何度も食事をしてしまうため、口の中の酸性度が上がり、虫歯になりやすくなる。

③女性ホルモンの増加により、歯肉に炎症が起こりやすく妊娠性歯周炎」になりやすくなる。

④唾液の性質が変化し、口の中がネバネバ状態になりやすく、細菌が増殖しやすくなる

 


 

 

妊娠期の歯周病むし歯は要注意です。

歯周病の影響で早産低体重児出産などの妊娠トラブルのリスクが高くなると言われています。

さらにお母さんに虫歯が多いと、母子感染によって虫歯菌が乳幼児へ移してしまうことがあり、早くから虫歯になるリスクが高くなると言われています。

 

「私に似て、歯が弱い」ではなく「私が移してしまっていた」ということにならないように

しっかりとお母さんのお口の中を清潔にして、赤ちゃんとお母さんの歯と健康を守りましょう

妊娠中でも、虫歯や歯周病の治療は可能です。

気になる方は、お口の健康チェックと歯のクリーニングを受けましょう。

 

 

お母さんから赤ちゃんへの感染についてもう一つ!

母子感染を防ぐには大人が使った箸やスプーンで赤ちゃんに食事を与えないことも大切です。

生後1歳半~3歳虫歯菌が住み着く時期で、この時期がとても重要なんです。

もちろん、歯周病菌も移してしまいます。子供のお口の健康を守るために、一度、検診を受けてお口の中の健康を保ちましょうtoothglitter3

妊婦

みらい歯科では、妊娠検診も受け付けております。

まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。お待ちしておりますni

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • 大人と子どもの歯並びサイト大人と子どもの歯並びサイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • インスタグラムインスタグラム
  • 求人ページ求人ページ
  • みらいキッズガーデンみらいキッズガーデン
  • マウスピース矯正マウスピース矯正