歯の豆知識ブログ

2021.08.30更新

こんにちは 衛生士の安永です。

 

今回は、虫歯予防についてお話していきます。

 

虫歯菌は主にミュータンス菌です。

この菌はプラーク(歯垢)をつくり

また、歯を溶かす酸を作ります。

 

ミュータンス菌は、

生後1歳半〜3歳の間に最も感染しやすい時期です。

 

 

glitter2flower2家庭でできる予防flower2glitter2

 

仕上げ磨き・フロス

小学校3〜4年生まで仕上げ磨きをしてあげましょう。

歯と歯の間はフロスを通しましょう

 

フッ素の利用

フッ素ジェル、フッ素洗口液など毎日フッ素を使用してください。

 

飲食回数

与える量ではなく、与える回数を決めましょう。

 

 

フッ素効果とは

細菌抑制 虫歯菌の原因の活動を抑える

歯質強化 むし歯になりにくい強い歯を作ります

口臭予防 寝る前に使用することで、

寝ている間に増殖する細菌の活動を抑制し、

朝起きたときの特有の口臭を防ぐことができます。

 

 

 

dire歯科医院でできる予防dire

高濃度フッ素

家庭のものより高濃度のフッ素を使用し、

歯の生えはじめに行うのが効果的です。

 

シーラント

生えたての奥歯は溝が深く複雑で、

歯ブラシが届きにくにため、溝をシーラント材で防ぎます。

フッ素配合なため、さらに効果的。

 

 

 

 

むし歯になりにくい人、なりやすい人の違いは、ハミガキの回数や方法だけでなく、

飲食回数、唾液のもつ性質やむし歯菌の数などが大きく関わります。

 

みらい歯科では、唾液検査を行っています。

唾液を採取 「お口全体を軽くゆすぐ」

 

測定 歯の健康 歯ぐきの健康 お口の清潔度に

関する6項目を測定します。

測定時間はわずか5分です。

 

共有 「その場で測定結果をお渡しします」

 

定期的に受診し、お子さまの歯を守るため予防をしましょうtoothtooth

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人敬天会

2021.08.25更新

こんにちはglitter 栄養士の北村です。

今回は「授乳期の栄養」についてお話します。

 

妊娠中は、体重管理やおなかの中の赤ちゃんのためにもいっぱい気をつかいますよね。

出産が終わり、授乳中もバランスの良い食生活は大切です。

なぜなら、赤ちゃんの唯一の栄養源は母乳もしくはミルクだからです。

そのためお母さんは体を十分に休ませ、赤ちゃんに母乳を与えるためにたくさん栄養をとる必要があります。

母乳の成分は、分娩後の日数やお母さんの食事で変わります。

なのでできるだけバランスの良い食事を心がけたいですねmealglitter2

 

特に 鉄分  カルシウム  葉酸 は積極的にとりましょうnicoglitter2

 

鉄分

母乳の主成分は血液です。

植物性の鉄分(ほうれん草、ひじき、高野豆腐、納豆)はそれだけでは吸収率が良くないので、レバーやカツオ、アサリなどの動物性のものと一緒に食べることをおすすめします。

また、ビタミンCが豊富なパプリカ、ブロッコリー、かぼちゃなどとの組み合わせもいいですよleaf

 

カルシウム

母乳作りのため失いやすく、不足すると歯や骨がもろくなりますgan

カルシウムといえば、牛乳、チーズなどの乳製品や小魚ですね。

このカルシウムは、きくらげや舞茸などのキノコ類、鮭やいくらなどのビタミンDと一緒に食べることをおすすめします。

クリームシチューに鮭やしめじなど入れると、カルシウムとビタミンDが一緒にとれますよihi

また、牛乳や乳製品は吸収率が良いのでコップ1杯の牛乳を飲むだけでも手軽にカルシウムをとれますnote2

 

葉酸

「造血のビタミン」とも言われており、妊娠中に引き続き必要な栄養です。

レバーやほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ、焼き海苔、味付けのりに多いです。

味付けのりはそのまま食べられるので手軽に葉酸をとれますねnote2

 

授乳中もお酒やカフェインは控えていただき、極端に偏りのある食事にならないよう意識しましょう。

油や砂糖の多い食事は乳腺炎の原因にもなりますので、適度にとるようにしてみてください。

 

お母さんの健康が赤ちゃんの健康につながります。

育児中はバタバタだと思いますが、無理をせずできるところから始めてバランスの良い食事を心がけましょう!glitter

                

投稿者: 医療法人敬天会

2021.08.11更新

こんにちは。 衛生士の平古場ですihi

今回は、こどもの虫歯についてお話をしますねglitter

 

みなさんは、子供の歯が何本あるか知っていますかni

 

 

生まれて半年頃から生え始め

3歳になると、20本tooth生えそろいます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。

では、なぜ虫歯になるでしょう?

 

虫歯になりやすい原因は、

1 親から子供に感染する

2 歯磨きができていない

3 ダラダラと間食する

大きく分けて、この3つです。

 

乳歯は永久歯に比べて、柔らかく、弱いので

虫歯になると、どんどん進行していきます。en

乳歯はいずれ抜けるから虫歯になってもいい!と思われる

保護者の方もいらっしゃるかと思いますが、

乳歯に虫歯がある子は、永久歯も虫歯になる可能性が高いことが分かっています。

子供の頃から予防意識をしっかり持つことが、一生のお口の健康につながるので、

その時期に、フッ素キシリトールを使い虫歯から歯を守りましょうglitter

 

  

みらい歯科では、月に1回歯磨き教室を開催しており、

仕上げ磨きの仕方やポイントをお伝えしています。

ぜひ、ご参加お待ちしておりますninote2 

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • 大人と子どもの歯並びサイト大人と子どもの歯並びサイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • インスタグラムインスタグラム
  • 求人ページ求人ページ
  • みらいキッズガーデンみらいキッズガーデン
  • マウスピース矯正マウスピース矯正