歯の豆知識ブログ

2021.10.22更新

こんにちは! 栄養士の北村ですflower2

 

今回は「学童期の食事」についてお話します。

 

小学校に上がると、だんだんと幼児食から大人とほぼ同じ食事に移行していきますね。

この時期に特に注意したいのが「間食のとり方」です。

「間食」と聞くと、つい甘いお菓子cake ice creamdonutをイメージしませんか?

ここでお話する間食は、甘いものではなく、3回の食事で摂りきれない栄養を補う食事です。

この時期は体も大きく成長しますし、勉強で頭を使ったり遊びで体もたくさん動かして活動量も増えますよね。

なので、間食もエネルギー源となるイモ類、ごはんやパンなどの穀類がおすすめです。

またビタミン・ミネラルや食物繊維が豊富な果物もいいですよ。果物だと手軽に食べれますよねnote

特に今は、柿や梨、さつまいもなどが旬でおいしいですよねihi   旬の食材は栄養もたっぷりなんです。

 

そしてもう一つ!

6歳前後から歯の生え変わりが始まりますtooth

この時期のお子さんのお母様からは「食べるのに時間がかかる汗」「固いものを噛み切れなかったり、嫌がる汗」なんて声をよくお聞きします。

これは生え変わりによって一時的に上下の歯が噛み合わず食べにくくなることが理由の一つとして考えられます。

そこで生え変わり中に気を付けたいポイントを2つご紹介します。

 

よく噛むように声をかける

歯の生え変わり中は咀嚼が難しいので、急かさずよく噛むように声をかけてみてください。

食材を小さく切りすぎるとかえって噛みにくく、そのまま飲み込んでしまう可能性があります。

程よく大きさのあるものを前歯でかじりとるようにしましょう。

 

食べるときはお口を閉じること

お口を開けたまま食べるとくちゃくちゃと音がしたり、食べこぼしをしてしまいます。

なので、食べるときはお口をしっかり閉じること!glitter

 お口周りの筋肉を正しく使うことは、将来の歯並びを予防できます。

 

 秋

食事や歯並びのことで気になることがあれば、お気軽にお声掛けくださいflower2

 

投稿者: 医療法人敬天会

2021.10.08更新

皆さんこんにちは(^^)/

衛生士の浦部ですnico

 今回はおススメの歯ブラシをご紹介したいと思いますtoothglitter

 

dire成人の方におススメの歯ブラシdire

 Ⅴセブン  「つまようじ法」歯ブラシで毛束が2列Ⅴ型

         になっているのが特徴です。

Ⅴ型になっている事で①歯と歯の間が磨きやすい ②歯茎のマッサージ効果が期待できます。

歯と歯の間は普通の歯ブラシでは磨きにくいため、歯周病予防にはおススメの歯ブラシですglitter

 

V72

V71           

    direお子様におススメの歯ブラシdire

 

みらい歯科では、3種類の子ども用歯ブラシを販売しております。仕上げ

ci・アシストミニ   ※写真左

◎ブラシのヘッドが小さいので、生え始めの乳歯や、細かく磨きたい部分にglitter

 

ci・52 幼児用    ※写真中央

乳幼児~小学校低学年のお子様にflower2

ci・ミディ歯ブラシ   ※写真右

小学校~中学生のお子様にglitter

こども歯ブラシ

歯ブラシ選びの際はぜひ参考にされて下さい。

また、お気軽にスタッフにお声掛け下さいlight bulbglitter3

 

                        

投稿者: 医療法人敬天会

お子さまの大切な歯を守り
健やかな成長を支えるためにむし歯と
小児歯科矯正に特に力を入れております

当院が目指しているのは、『むし歯のできないお口の環境をつくって、むし歯のないきれいな歯並びの永久歯をつくること』 です。

  • 0120-489-301 診療時間9:00~12:30 14:00~18:00 土曜午後14:00~17:00 休診日 日曜・祝日
    common_tel_sp.png
  • 初診WEB予約初診WEB予約
  • 大人と子どもの歯並びサイト大人と子どもの歯並びサイト
  • twittertwitter
  • FacebookFacebook
  • 院長ブログ院長ブログ
  • スタッフブログスタッフブログ
  • 歯の豆知識ブログ歯の豆知識ブログ
  • インスタグラムインスタグラム
  • 求人ページ求人ページ
  • みらいキッズガーデンみらいキッズガーデン
  • マウスピース矯正マウスピース矯正